つくるぞ!!みんなのau5G!!

マテリアリティ01

提供価値② サステナブルな産業・インフラ環境の実現

お客さまの声を原動力に
身近な5Gエリアの拡大へ

KDDI 技術企画部

萩原弘幸

次世代ビジネス企画部(取材当時)

梶原直人

KDDIエンジニアリング エリア設計部

大澤 魁

荒川和範

KDDIではお客さまに品質のよい5Gを届けるため、
これまで培ってきた技術と現場力を駆使している。
「点」ではなく「面」としての体感エリアをつくることで
お客さまに身近な「生活動線」を重点的にエリア展開している。

エリア完成後も
5Gらしい品質にこだわる

5Gエリアができるまでには、企画、計画、開発、設計、工事と5つの工程があります。
エリアができたあとは現地現物での品質改善と監視運用をくわえ、
5Gエリア内で5Gらしい速度を安心してご利用いただけるよう、日々改善しています。

前例のない5G
細やかな調整で理想に
近づける

5Gは前例がなく想定外の修正、変更が発生するのは大きなハードルです。
最初はノウハウもなく、細かな調整を繰り返して設計プランを確定させることに苦労しましたが、
お客さまからの感謝の声を原動力に、全員一丸となってエリア構築に挑んでいます。

インフラを守る思いを胸に
エリア拡大へ

ときには命を預かることもある、このインフラを守っているんだ、
という思いが5Gエリア構築の一番のモチベーションです。
現在、鉄道路線や商業地域を中心に5Gエリアをどんどん拡大しています。今後の広がりにご期待ください。

記事を読みにいく

萩原さん、梶原さん、大澤さん、荒川さんの
取り組みは
マテリアリティ01とつながっています。

  • 01通信を核とした
    イノベーションの推進
  • 02安心安全で豊かな
    社会の実現
  • 03カーボンニュートラル
    の実現
  • 04ガバナンス強化に
    よる経営基盤強化
  • 05人財ファースト企業
    への変革
  • 06ステークホルダーの
    エンゲージメント向上

マテリアリティ 01

通信を核とした
イノベーションの推進

  • 通信を核としたサテライトグロース戦略によりイノベーションを推進し、お客さまがワクワクする未来社会を創造
  • 提供価値①
  • 提供価値②

提供価値② 
サステナブルな産業・インフラ環境の実現

通信その他の社会インフラ・つながるクルマに対して、革新的なソリューションを提供することで、サステナブルな産業・インフラ環境を実現する

一覧へ戻る