学びを通じて人と街の未来を共に創る

マテリアリティ02

提供価値③ 地域共創の実現

高校生に主体的な学びを
地域が主役の地方創生を目指して

KDDI地方創生推進部(取材当時)

横幕秀明

KDDIは教育や人材育成の支援といった観点での地方創生活動を進めている。
その一環である上田高校の授業では、
地域の課題を主体的にリードできる“人づくり”に取り組んでいる。

主役は地域
自立的に未来を生きる力を養ってほしい

私たちは教育や人材育成の支援といった“人づくり”の観点で、地方創生活動に取り組んでいます。
その一環として長野県教育委員会と連携し、2020年度からKDDI社員による授業を上田高校で実施しています。
生徒たちがより主体的かつ探究的な学びを深められるようになることが狙いです。

いつもと違う視点と発想で
生徒たちに新しい学びを

今回の授業では、課題研究を進めるうえでの基本的な考え方やテーマ設定のポイントを解説しました。
学校関係者とは違う視点や発想の持ち込みが期待されています。
生徒たちからは、「ヒントをもとに自分なりのテーマを見つけていきたい」と嬉しい声が届いています。

継続的な“人づくり”で
地域の持続的発展に貢献したい

私自身が積み重ねてきた知見や経験の考え方やプロセスを、高校生にもわかる文脈で伝えていきたい。
生徒のみなさんには、その学びを不確実な時代を生きるための力につなげてほしいと願っています。
これからも地域の持続的な発展に貢献するため、人材育成の支援を続けていきます。

記事を読みにいく

横幕さんの取り組みは
マテリアリティ02とつながっています。

  • 01通信を核とした
    イノベーションの推進
  • 02安心安全で豊かな
    社会の実現
  • 03カーボンニュートラル
    の実現
  • 04ガバナンス強化に
    よる経営基盤強化
  • 05人財ファースト企業
    への変革
  • 06ステークホルダーの
    エンゲージメント向上

マテリアリティ 02

安心安全で豊かな社会の実現

  • 技術革新によりレジリエントなインフラを提供し、安心安全な社会と経済発展を実現
  • 情報格差の解消と地域共創
  • 提供価値③
  • 提供価値④

提供価値③ 
地域共創の実現

通信を核としたDXにより人と地域の想いをつなぎ、情報格差、地域課題を解決することで、地域共創を実現する

一覧へ戻る