サステナブルな通信を サステナブルなエネルギーで

マテリアリティ03

提供価値⑤ カーボンニュートラルの実現

豊かな地球と豊かな社会を未来につなぐために

KDDI サステナビリティ企画部

青木圭秀

柏木真由子

KDDI カーボンニュートラル推進室

宮崎典行

市村 豪

持続可能な未来を目指し、KDDIはカーボンニュートラル※の取り組みを加速している。
省エネ施策や再生エネルギーへの切替で、2030年度までにCO2排出量の実質ゼロを目指す。

  • カーボンニュートラル…二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量をゼロにすること

通信会社として
世界的課題と向き合う

KDDIの使用電力の99%は基地局と通信局舎で消費されています。
これらは使う人がいない場合でも止めるわけにはいきません。
そのため、最大限の省エネをすることが重要であり、様々な取り組みを検討し実行しています。

スタートアップとの共創で
カーボンニュートラルを目指したい

気候変動問題は1社だけでは解決できません。
私たちの強みは他業種とのコラボレーションです。
いま多くのスタートアップ企業で、脱炭素領域の研究開発が活発化しています。
すばらしい技術を持つスタートアップ企業を支援し、
ともに取り組むことで、カーボンニュートラル実現を目指したいと考えています。

社会や環境を守り
未来をつないでいく

KDDIは「豊かなコミュニケーション社会の発展に貢献すること」を企業理念に掲げていますが、
通信サービスは、社会の安定や持続可能な地球環境があってこそ成り立っています。
取り組みを通じ、豊かな地球と豊かな社会を未来につないでいきます。

記事を読みにいく

青木さん、柏木さん、宮崎さん、市村さんの
取り組みは
マテリアリティ03とつながっています。

  • 01通信を核とした
    イノベーションの推進
  • 02安心安全で豊かな
    社会の実現
  • 03カーボンニュートラル
    の実現
  • 04ガバナンス強化に
    よる経営基盤強化
  • 05人財ファースト企業
    への変革
  • 06ステークホルダーの
    エンゲージメント向上

マテリアリティ 03

カーボンニュートラルの実現

  • 豊かな地球を未来につなぐ「脱炭素化」の推進
  • KDDIの2030年度カーボンニュートラルの達成
  • 提供価値⑤

提供価値⑤ 
カーボンニュートラルの実現

当社2030年度カーボンニュートラル実現*に加え、お客さまへ再エネ電気を提供し、地球規模の課題である気候変動問題の解決に貢献する *Scope1+2

一覧へ戻る